google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁酒するまで(サラリーマン時代)


禁酒するまで②(サラリーマン時代)


Sponsored Link


 

一人暮らし ~休肝日はなし~

大学卒業後、商社に就職し大阪の親元を離れ福岡勤務でした。

初めての一人暮らしです。

もう誰から止められることもなく飲み放題です。

歓迎会でけっこう飲まされましたが

「私は底なしですよ~」

なんて周りの人に豪語していたくらい自分では自信がありました。

しかし、九州の人はみなさん強いですね。

完敗でした。

fotolia_bi-ru-down

特に焼酎。

私はフラフラなのに、他の方々は豪快に笑っておられます。

ある種のカルチャーショックを感じたものです。

 

そして仕事帰りには、大概

「一杯行きますか!」

の半強制的なお誘い。

2回に1度参加される方が多い中、私は毎回参加してました。

結局週に3,4日外で飲み、自宅ではまた一人酒。

休肝日なんてなかったです。

 

スーツに「血」

飲み会のあったある日の帰り道、よろけながらも自宅に無事戻り、

いつも通り寝床に入った(という記憶はなかった)のですが、

翌朝着替える際、ふとハンガーを見るとちゃんとスーツが掛けてある。

「ほ~、まともや!」

と一瞬自画自賛したのですが、よく見るとスーツの袖に何か赤いものが付いている。

そうです、「血」でした。

「昨晩、一体何があったん?」

 

Sponsored Link

 

何も思い出せず不安を抱えながら、そのまま出社。

「おはようございます」

元気に挨拶するものの、周りの方々の目は複雑な色をしていました。

そして隣の部署の次長さんが

「ま、気にせずに」

なんて言葉を投げかけてくれて・・・。

 

ますます何があったのか不安になりました。

後日、勇気を出して上司に聞いたところ

「同席していた係長と外へ出て取っ組み合いをしていた。

君はお酒を飲んで「第4コーナー」を回るとカクンとなるね」

と言われ、私は

「自分ってお酒は好きなだけで、ちっとも強くないんやな」

とその時はじめてわかりました。


アル中の始まり ~迎え酒~

でも本当に九州の方々は豪傑というか、お酒に対して寛大ですね。

慰安旅行で2日目の朝、二日酔いで苦しんでいる私を見て、

あの隣の次長さんが手を差し伸べてくださいました。

「これを飲んでごらん。楽になるよ」

見るとコップ一杯のビールです。

私ははじめはお断りしましました。

「こんなにしんどいのにビールなんか飲める訳ない」

って思っていたのです。

でも結局はいただきました。

すると、どうでしょう。

頭のてっぺんから足の先までス~っと毒が抜け、爽快感がありました。

それを見ていた別の方が

「あ~あ、アル中が始まった」と。

私にとって最初の「迎え酒」でした。

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ