google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html お正月。飲み疲れているあなたへ~おすすめ禁酒法


お正月。飲み疲れているあなたへ~おすすめ禁酒法


Sponsored Link


必要な体の休養

あけましておめでとうございます。

久しぶりのご家族、また友人達との再会を楽しまれたことでしょう。

「いや、俺は相変わらず寝正月やったわ」

とおっしゃる方も、それはそれでゆっくり体の休養という良い機会ですよね。

 

私事で恐縮ですが、先月中ごろから「50肩(?)」の痛みがとれず困っていたところ、

この年末年始の休日でほとんど痛みがなくなってしまいました。

やはり「体が休みを求めていた」ということでしょうか。

年齢のせいかもしれませんが・・・。

とは言っても、孫の顔を楽しみにしている実家のご両親に会いに帰省される方も大勢いらっしゃるわけで

そうそう体を休めてはいられない現実も確かにあります。

この正月休みが終われば、その疲れが抜けないうちに仕事が始まります。

七草粥を食べる習慣もあり、今も昔もこの頃の体調は誰しもキツイものなんでしょう。

「もう少し酒を控えればよかったなぁ」

なんて方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

お酒好きにとって連休は要注意

日頃から酒量をコントロールできている方は問題ないのですが

「どうも正月だから、とハメをはずしてしまって最後はよく覚えてない」

と後悔されている方、要注意ですよ!

これは私の経験上のことですが、お祝い事や年に数回の行事等で

「この日くらい酔っ払っても許されるだろう」

と思って飲んでいる量は普通の休日とほぼ同じなんです。

誰にだって「限界」があり、酒好きなあなたにとって、その両日の酒量の違いに大差はありません。

ただし、正月休みという連休の場合、飲み続けていれば体が受けるダメージは相当なもの。

それこそ休み明けに「這って出勤」状態になってしまいます。

Panorama of despair male with sleep disorder sitting on bed

前々回に書いた「お正月に一日禁酒」

連日飲酒を避けて、一日禁酒した場合の翌日の体の軽さや楽さを体感していただけるのではないかと思っての文章でした。

私はこの4年は年末年始に飲酒しておりませんので、本当の意味で体にエネルギーを充填している気分です。

もしあなたが次のG.W.やお盆の連休で私と同じように

「体を休めたい」とお思いなら今がチャンスです!

Sponsored Link

 

私のおすすめ「禁酒法」

それは、酒を避ける「動機」があるからです。

あなたも動機が本物であれば、それ程強いものはありません

私の禁酒法には、三つのポイントがあります。

 

①動機

②洗脳の除去

③実行

 

私はこの三つのポイントを踏まえて実行した結果、禁酒後、今年5月で丸4年になります。

 

まず、第①の「動機」とは、その後の③実行の際の「心の支え」になります。

現状を省みて「これではイカン」との思いを忘れずに持ち続けていられるならば、きっと役立つでしょう。

 

②の「洗脳の除去」は酒のマイナス面を知ることです。今までの「先入観を捨てる」必要があります。

くわしくは「禁酒の要点整理~洗脳を知って・・・」をご覧ください。

 

そして③の「実行」は禁酒実行そのものです。

 

②の洗脳除去した上で③実行し、心が折れそうになった時に①の動機を思い出し、それをバネに続けていけば

数日から数週間で、酒のいらない体になります

あなたの周囲にも訪れる「禁酒メリット」

「でも、酒のない正月なんて、らしくないよ」

と思われるあなた。それは杞憂です。

あなたがそのようにイメージされていても、周りの方は全く反対されないでしょう。むしろ喜ばれると思います。

単にあなたが「酒を飲みたい」だけなんです。そして残念ながら「楽しかったこと」の記憶が・・・。

 

この禁酒法を実行されれば、もう今の二日酔いに二日酔いを重ねるような生活とは「サヨナラ」でき

あなたお一人だけでなく、ご家族や周囲の方々にもこれまでにない見違えるような日々がやってきます

Beautiful family portrait smiling outside their new house

 

禁酒にはあなたの想像を超えるメリットがあります。

 

この時期、飲み過ぎて疲れているのであれば、思い切って「禁酒生活」をこの一年の目標にされては如何ですか。

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ