google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁酒後の実感メリット①~1日目から1週間くらい


禁酒後の実感メリット①~1日目から1週間位。暇と便と牛乳、読書


Sponsored Link


意を決して禁酒にのぞんでも、はじめのうちはやっぱり不安です。

誰だってそうだと思います。

 

そこで、禁酒のメリットを具体的にご紹介します。

成果って知りたいですよね。

ご参考になれば幸いです。

あくまで私自身の経験談ですが。

まずは、禁酒後・・・すぐ~1週間程度であらわれる効果から。


間が持たない=タイムイズマネー

今までは、飲んだくれて時間の経過もわからなかったのに、

酔わないと非常に「暇」です。

間がもたないって思いました。

ぼーっとテレビを観るぐらいしかなかったですね。

でも考えようで、そんな余った時間は家族サービスだとか

趣味、ゲーム等、他のことに活かすことができます。

 

タイムイズマネー だと気持ちを切り替えましょう!

 

 

日を追うごとに生活リズムは出来てきます。

 

楽しみになるトイレ

数日で「便」に変化が起こります

つまり徐々に固くなってくるのがわかるんです

これは非常にうれしかったですね。

それまでは、長年にわたり「下しているのが普通」でしたから。

 

Poo

 

「人並みに戻ってきた~!!」って。

 

それからはトイレが楽しみになりました。

禁酒メリットの実感第一号でした。

 

Sponsored Link

 

酒→牛乳→ノンアル

寝ることがとにかく不安で、どうすれば寝やすくなるかを真剣に考えました。

 

1、牛乳とバナナを寝る前に食べる(これはネットで調べました)、

2、眠気がくるまで本を読む

 

この二点を繰り返しました。

結果的には「牛乳」と「読書」が残りました。

(バナナはすぐ傷むので・・・)

牛乳は、従来の酒量の多さを体が覚えていたせいか

毎日コップ3杯を飲むクセがついてしまい、

数回お腹を壊しましたが、一年は継続していたと思います。

あらためて「牛乳ってうまいなぁ」って感心してました。

 

 

今はノンアルビール(500ml)一本にしています。

昔のノンアルはめっちゃまずいイメージがあったのですが

ここ数年改良が加えられ、十分いけると思います。

 

よく禁酒当初は「炭酸水」系がいいようなことを聞きますが

私は好みだと思います。

たしかに、ビールに似通ったもので

気分を紛らせるという意味なんでしょうが

「禁酒をはじめた」という大転機でもあり

精神的にも不安定な時期なので

あなた好みなもの、が一番なのではないでしょうか。

もちろん、そういった意味で炭酸系を選択されるのも当然OKです。

 


まともにできる読書

読書が気に入ってます。

以前はほとんど酔っ払いながらだったので頭に入らず、

数ページ前に戻って読み直し、昨晩と同じところで寝てしまい

 

「いつになったら読み終わるんや?」

 

って状態の繰り返しでした。

それがスッキリ入ってきて、

おもしろさを再発見し、毎晩寝床に入るのが楽しみになりました。

 

Literature addicted

 

 

 

 

 

 

 

睡眠時間の短さを禁酒継続の力に

お酒を飲まないと眠れなかった。

その辛さを読書で紛らして、どうにか寝るんですが睡眠時間は短くなります。

だから朝は眠いんですが、

 

睡眠不足をその日の晩の楽しみ

 

と考えました。

今晩は眠れるだろうと

その繰り返しです。

禁酒後~睡眠不足の後に待っている「素晴らしい朝!」(参照)

 

そう考えることで生活リズムを作ることができ、禁酒継続の力になったと思います。

 

少しずつ禁酒効果を実感する一週間

あなたの禁酒に対する恐れの中で最も大きなものは何でしょう。

私は「睡眠」でした。

 

 

徐々にではありますが、その恐れを薄めていくことで相当気分は楽になります。

 

そして同時に忘れてはならないのが、禁酒をはじめたきっかけ(動機)です。

 

「もうあんなこと二度とゴメンだ」

 

との思いがあれば、あとは体が自然と酒の毒を追い出してくれます。

一週間ほど経った頃、あなたもそのことを少しずつ実感されていることでしょう。

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ