google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 月並みですが禁煙を! 「ベランダ出火」のニュースで思うこと


月並みですが禁煙を! 「ベランダ出火」のニュースで思うこと


Sponsored Link


ベランダからのタバコ火災

9月28日のニュースに

<たばこ火災>「出火場所ベランダ」増加中・・・ホタル族要注意

という見出しで喫煙者の方々には「きびしい」記事がありました。

2005年と比較して昨年はたばこによる建物火災が3495件から2368件に1127件減少しているにもかかわらず、

出火場所がベランダのものは162件から273件と逆に111件増えたとのこと。

その原因としては、8割以上が吸い殻の処理方法に問題があった。

消し損ないに気づかずに周囲の物に燃え移る、吸い殻のたまった灰皿内での「くすぶり」等のケースがあり、

消防関係者は水を張ったステンレス製灰皿の使用を呼びかけ、

また国土交通省は11年、賃貸住宅のたばこのヤニによる汚れを借主の負担で原状回復すべきだとのガイドラインを公表。

室内での喫煙を避ける傾向が強まる、てな感じですが・・・。

 

原状回復費用もかかる

喫煙者のみなさんにとっては

「ほな、どこで吸えっちゅうねん!」

ってなるんでしょうね。

ちなみに私はベランダではなく「外」でしたけど・・・。

たまに通りかかるご近所さんと会釈を交わしながら。

もし当時,妻がこの記事を読んだとしたら

「外で吸うにしても普通の灰皿やのうてバケツに水張って捨ててや!」

って言うてるでしょう。

おまけに

「そのバケツ防火用でもあるから、そんなに吸い殻捨てんといてな。見た目汚いから」

とか付け加えたりして。

私の方は

「ほな、もう一つバケツ置くか?」

と言うと

「そんな場所ないわ。狭いとこやのに、何言うてんの」

という会話が交わされるのでしょう。

容易に想像できます。

Sponsored Link

 

開き直って

「居間で吸うぞ」

なんて言おうものなら

「原状回復費用もらうで」

って間違いなく言われますね。

もうタバコに関しては、昔の

あなたの体が心配だから

てな柔い話は影をひそめて、即現実主義とでもいいますか

妻の言動に切実さ、すら感じてしまいます。

 

月並みですが禁煙を!

記事中の「吸い殻のたまった灰皿」に昔のシケモクを思い出しました。

あの吸い終わって消したやつを「まだ吸えるでコレ」って探し出して吸い直すんですけど・・・。

お金のなかった学生時分によくやりました。

あれがまた妙にうまいんですよ。

貴重でしたね。

指の先がヤケドする寸前ぐらいまで吸って

「あれ、変な臭いする」

って思ったらフィルターまで燃えてたとか・・・。

懐かしいです、少し郷愁に浸ってしまいました。

今は昔ですね。

 

さあ喫煙者のみなさん、このような記事を見るにつけそろそろ禁煙するのは如何かと思うのですが。

禁煙をはじめるのに遅すぎるということはありませんよ。

月並みですが・・・。

このニュースが良いキッカケになってくれますようにと願っております。

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ