google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁酒後の実感メリット③~1ヶ月から数ヶ月


禁酒後の実感メリット③~1か月から数か月。貯金も体質改善も!


Sponsored Link


禁酒しだして1ヶ月以上も経てば当然、飲み代も浮いてきます。

バカにならない金額です。これを理由に継続される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

健康面も禁酒後1~2週間で実感できますが、この頃にはより一層充実し、体重減も相当なもの。

それに加えて、私の場合体質的なことと思っていた「発汗の過多」も改善されました。

ホントいいことづくめです。

 

貯まるお金

私の場合、毎日缶ビール500mlを6本、焼酎お湯割りを3杯は呑んでましたので

日に1500~1600円はかかっていたのではないかと思います。

単純に1か月では45000~48000円、浮いてきます。

大きいですね~。

年間なら54万~60万円弱、となり

 

Fotolia_itimannenn josei

 

「スゴイ!!」と

なりますが、こういうのを

「とらぬ狸の皮算用」

と言います。

相当先の話ですよ。

 

「不用意な一杯」で元の木阿弥ってこともありますので気をつけましょう。

 

減りはじめた体重

実は禁酒後、1週間も経つと

「体重が減ったな」

と思っていました。

毎日上記の酒量でしたから、

カロリーとしてはビールで約1300kcal、焼酎で約200kcal、合わせて約1500kcalの摂取だったため、

飲まない分、食事を増やしたもののカロリー減は十分です。

 

結果的には1~2か月で3kg前後は減りました。

 

体重減を実感しはじめたのはこのころで、毎日体重計に乗るのが楽しみでした。

禁酒継続の励みにしてました。

 

Sponsored Link

 

かかなくなった汗

長年にわたり私は「大汗かき」でしたが、

このころから汗をかかなくなった(と言えば大げさか?非常に少なくなった)のです。

以前はラーメン屋でタオル片手に滝のような汗を拭きながら、

恥ずかしい思いをしもって食べたものです。

また夏の炎天下では、目に入る汗が痛くてたまらず、

常時2,3本のタオルを携帯していたほどです。
Fotolia_basu taimu

 

そんな私が知らぬ間にではありますが、

汗をかかなくなり、

そして夏バテも感じなくなりました。

 

酒量が多ければ多汗

 

というのが本当だったんだと実感しました。

 

禁酒をしたことで、お金も貯まり、

また健康面でも徐々に「体質改善」され出して、

ひとつひとつ以前の自分との違いが判ってくる。

もう飲酒していたころに戻りたい気持ちなんてなくなっていました。

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ