google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁酒をお助け~"山椒man"してます


禁酒をお助け~”山椒man”してます


Sponsored Link


はまってしまった山椒

この春、下の娘が某有名中華料理店に就職し、

親への感謝の気持ちを込めて(!?)そのレストランに招待してくれました。

そこでご馳走になった幾種の料理の中で特に気に入ったのがマーボー豆腐。

これが辛いのなんの、めっちゃおいしくて、今まで食べてきたのとどう中身が違うのかを

(素人ながら)見てみたところハッキリ分かるのは「山椒」くらいのもの。

「そうか、決め手は山椒か」

と、絶対それだけのはずがないのを承知の上で

「これから家でマーボー豆腐をする際は山椒を用意すること」

と妻に命令。

あの大手メーカーの「マーボー豆腐の素」で作ったのが

我が家でも1,2か月に一度は食卓に上ってましたので。

しかし妻は昔からお酒を飲まない人のせいか香辛料関係に疎くて、

わさび・からしの類は買い揃える習慣がなく山椒もしばらくは我が家にはなかったのです。

 

で、先日もらい物の豆腐があったので妻に

「今晩はマーボー豆腐」

と依頼し同時に山椒の購入も指示。

妻はスーパーで

「高いなあ」

と渋るも、それなら

「俺が金を出す」

ということでやっと入手(286円でした。どこが高いねん)。

 
sannshou

 

食べ比べるとやっぱり違う!

コクがあって、ピリッときて香りもよくてうまい。

私はえらい気に入ってしまいました。

Sponsored Link

 

しかし山椒で思い浮かぶ他の用途としてはウナギのかば焼きぐらいしか知らず、

ネットで調べてみると意外や意外、結構書いてある。

「味噌汁に」「ポン酢と」「マヨネーズと」「コショウ代わりに」

「うどん、そばに」「丼ぶりに」「天ぷらに」等。

そこで毎日の弁当の際、コンビニで買っている味噌汁に入れようと

山椒をポケットに入れて、いざお仕事へ。

そしてやってきましたお昼の時間。

お湯を注いだカップ味噌汁に適量の山椒をパラパラと。

まず香りを確かめると「ええねえ」。

一口飲んでまた「お、イケるねえ」。

これまでの何気ない味噌汁が「生まれ変わった」ような味わい深さに変身。

特に食後、まるで「うなぎ」を食べたかのような後味が

ちょっとリッチな気分にしてくれます。

 

食欲増進で禁酒の助けにも

まだまだ色んな料理に挑戦みようと楽しみで楽しみで手放せません。

ここんところ毎日ポケットに忍ばせてますんで、

自分のことを「山椒manやなあ」と思ってます

 

食欲増進になりますんで、ビールの前にお腹いっぱい食べて酒量を減らすことも可能では?

そういう意味では禁酒のお手伝いになるかもしれません。

今の私には欠かせない山椒。

もし、そんな山椒を取り合いになった場合、

けんかなどせず「サーンショーはグー、じゃんけんぽん」でね!

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ