google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 私の糖尿病⑭~ヘモ「6.3」から「6.2」を維持。やっぱり体重です!


私の糖尿病⑭~ヘモ「6.3」から「6.2」を維持。やっぱり体重です!


Sponsored Link


私のブログ糖尿病編は一年ちょっと間が空いてしまいました。

この間食事&運動療法はほぼ皆無。

にもかかわらず「奴(HbA1c=ヘモグロビンA1c)」は6.3から6.2のまま。

おとなしくしていてくれました。

 

「そらまた、なんでか!?」

 

体重の維持が良かったと、かかりつけの医師は言われました。

先日の血液検査(10月12日)の検査からさかのぼって

検証してみたいと思います。

 

この一年の「糖尿病連携手帳」

昨年の夏の終わり頃。

血液検査をして奴は「6.3」でした。

それまでの一年間は食事療法&運動療法をして

 

「奴を6.0まで下げるぞ!」

 

って意気込みだったのですが

秋に妻が体を壊し、私の生活のリズムは変わってしまいました。

妻の難病・好酸球性血管炎①~始まりは膝下のしびれから(参照)

 

(クリックで拡大)

 

見づらいかもしれませんが

私の「糖尿病連携手帳」です。

昨年の秋からの一年で約2kg体重増。

これは妻の看病等で食欲があまりなかったものの

逆にその数ヶ月間の不規則な食事、特にコンビニ弁当過多が原因したのか。

いずれにせよ、この程度ですんだのは良かったと思います。

それと、運動(ウォーキング)はほとんどしていなかったです。

 

にもかかわらず奴は「6.2」をキープ。

10月12日に医師は「いい数値ですよ」と言ってくれました。

私は、ふと疑問に思ったことを聞いてみました。

 

「体重は増えているのにHbA1cはなぜ上がらないのですか?」

 

Sponsored Link

 

体重はヘモグロビンA1cのバロメーター

医師の答えは

 

「HbA1cは2ヶ月の平均値。一方、体重は検査当日のもの。

体重の多い少ないはその日の食事量によります。

『相関関係』はあるが、多少の誤差はあるということです」

 

とのこと。

(私はたいがい夕方、検査に行ってました)

そして

 

体重はHbA1cのバロメーター(目安・指標)に変わりはありません

 

 

と強く言われていました。

 

禁酒禁煙で「規則正しい生活」

ここからは私見です。

私は禁酒して5年半、禁煙して3年半ほど経ちますが

振り返って思うに

 

生活のサイクルが安定している、つまり規則正しい生活

 

ができていると日々感じています。

 

 

そりゃたまに外食でお腹パンパンになるほど食べたり

親の入院で夜通し付き添ったりしたことはありますが

幸いにもそう長くは続きませんでした。

また、自営の仕事だということもプラスしていると思います。

一般的なサラリーマンの方々は付き合い等で難しいかもしれませんが・・・。

 

しかし、多々ある禁酒禁煙のメリット

今回の血液検査の結果を見て改めて思うに

 

禁酒によって

寝る際の自分を、そしてその時間をコントロールできている。

(私の場合毎晩記憶が飛んでましたので・・・)

 

禁煙によって

イライラ感がなくなり、以前のような場所を替えての

喫煙しに行く余計な時間が省略されている。

 

いずれも「規則正しい生活」に大変役立っている、ということ。

 

サラリーマンの方々にも禁酒禁煙のメリットは少なからずあるはずです。

 

最も早い「ヘモグロビン下げ」

「規則正しい生活」ができている私には

奴(HbA1c)の安定推移は禁酒禁煙のお蔭だとすら思えるのです。

その結果、この一年の奴の数値上昇を抑えられたのではないか。

 

奴の性質上、日頃から節制していれば、たまの「ハメはずしはOK」なのです。

禁酒も禁煙も継続しないと、そもそもそのメリットを得られません。

 

まず、糖尿病でHbA1c数値の高めの方が

飲酒または喫煙されているのであれば禁酒や禁煙を心がけるべきです。

それによって、自分の身体のコントロールがしやすくなり

体重調節(ダイエット)が期待できます。

「禁煙は太る」とお考えならば、まず「禁酒で痩せる」ことです

 

 

「せめて酒、タバコぐらい好きにさせてよ」

 

って気持ちは非常にわかります。

でもHbA1cを下げるため、という目標に向かって禁酒禁煙をすれば

 

それは最も早いHbA1c下げになるに違いありません。

 

要は、体重です。

 

 

飲酒も喫煙もされない方にとっても同じです。

HbA1cを下げるには体重減を目標にすることです。

(但し、BMIが標準値の方は医師にご相談を)

 

正直さでお役に立ちたい

今回の検査結果の正直な感想。

奴は「6.5」ぐらいになってると思ってました。

禁酒の副産物であんこが好物になり「小倉トースト」をほぼ毎朝食べていたので・・・。

「6.2」とは意外でした。

 

糖尿病の方の中にはHbA1c(7~10以上)と非常に高い数値に

お悩みの方もいらっしゃると思います。

私など本当に低い方で恐縮したりするのですが

医師から「あなたは糖尿病です」と宣告された事実は同じだと思っています。

私は私の置かれた状況でいかに立ち向かっているか、

 

私の糖尿病⑫~ヘモA1c0.4下げた!この2ヶ月間でしたダイエット(参照)

 

その姿勢があなたに伝わり、少しでもお役に立てればと願っているところです。

 

 

糖尿病と言われれば「合併症」がすぐ思い浮かびます。

私はそのようにならないための「防波堤」という意識

薬を服用しないこと、そのためには今なにをすべきなのか。

そればっかりを考えて来ました。

あなたにもあなたなりの防波堤を意識していただき

現状からの一歩一歩の回復を目指していただきたいと願っております。

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ