google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁酒できない方。心配ご無用~今は飲酒の「夢の最中」なだけですよ!


禁酒できない方。心配ご無用~今は飲酒の「夢の最中」なだけですよ!


Sponsored Link


「そりゃ、飲まん方がええのはわかってる。

禁酒できるもんやったらしたいけど、できるわけない!」

 

と、さじを投げてる方も多いと思います。

それとなく日頃の自分の悪行には気付いてるし

このまま飲み続けたら、体壊すのも目に見えてる。

 

「けど、やめられん。

もう放っといてくれ。どうせ、無理なんやから!

それとも何か?

こんな俺にもやめれる方法があるっちゅうんか?」

 

 

と、お嘆きのあなたへ。

心配ご無用です。

ご自身への「視点」を変えてみましょう。

そうすることで禁酒への道は開かれていきますから。

見つめ直すヒントを差し上げます!

 

禁酒できない理由は「夢の最中」だから

今のあなたに禁酒を押し付けて、酒なしの生活は素晴らしいですよって

言ったってむなしいし、無理があると思います。

その理由は

 

あなたは今、飲酒という「夢の最中」だからです。

 

気持ちよく眠っているときに無理やり起こされたらどうでしょう。

「うるさい。起こすな!」

ってなりますよね。

それと同じなんです。

 

 

酒はあなたを「夢の中」へ連れて行きます。

いざなう、というべきでしょうか。

あまりにも居心地がいいので、離れたくないだけなのです。

 

でもいざ目を覚まし、起きた後はどうですか。

しばらくは目をこすりながら、ボ~っとしていますが

そのうちに、ご飯を食べたり、顔を洗ったりしているとシャキっとしてきます。

 

完全に夢から覚めたあなたはそのとき苦痛でしょうか?

 

いつまでも先程までの夢の世界のままでいたいって思いますか?

思いませんよね。

というか、いつの間にやら、その夢もどんなものだったのか忘れてしまいます。

 

酒をやめるのも同じなんだと思ってください。

 

夢の世界から目を覚まし、普通の行動に移るのとなんら変わらない。

ただ、今のあなたにすれば、

 

眠りから目覚める寸前なので抵抗しているだけ。

 

と、そんな風に視点を変えてみるのです。

 

だから禁酒って「無理やり起こされる」感はあるでしょう。

でも決してそのあとに、ひどい事が待っている、なんてないのです。

いやむしろ、「あ~よく寝たな~」って徐々にエネルギーたっぷりって感じに

変わってきます。

少し時間はかかりますけどね。

 

Sponsored Link

 

酒への疑い

ちょっと現実に戻ってみて、

つまり「酒」と「夢・睡眠」を切り離して考えてみます。

 

あなたにとって、

 

酒は本当に必要なものなんでしょうか?

 

酒を疑ってみましょう。

 

酒って単に酔って気持ちよくなるだけの目先の願望じゃないのか?

コミュニケーションって酒なしでもとれるのではないか?

もし飲まなかったらどうなる?

 

①まず眠れない。

禁酒しはじめは確かに眠れないです。

私も経験しました。

しかし、数日でそれは解決します。

禁酒後~睡眠不足の後に待っている「素晴らしい朝!」

 

②時間が余る。

これは「飲みたい」気持ちから出てくる発想。

確かにはじめのうち、飲酒を辛抱している時間ってすごく長く感じるし

胸の中がモヤモヤして落ち着かないというのはありました。

でもこれも数日経てばおさまってきます。

暇に感じる=飲みたい

であって、結局は「口実」ということになります。

 

③「酔い」の楽しみがないのはツライ。

裏返せば、翌朝の二日酔いが必ずやってきて「もっとツライ」のです。

楽あれば苦あり、そして苦あれば楽ありであり、これって真実です。

 

 

禁酒メリットの羅列

飲酒しない自分というものをイメージしてみましょう。

もし飲まなかったら、どんな自分なのか?

つまり、禁酒メリットですね。

思いついたまま羅列していきます。

 

①酒臭い、からの開放

朝から昼または夕方まで自分にしみついた酒臭さ。

もう周りの目を気にしなくてもいいのです。

酒のプンプン匂う口臭なんてありえなくなるんです。

 

②冷静、的確な判断力

二日酔い状態のままでは仕事をしている際の

冷静で的確な判断が鈍ります。

ついつい、いい加減な仕事になりがちだった(私だけか!?)のが一変します。

栄養ドリンクなんかに頼る必要も全くなくなり

朝から、その日がすがすがしく

爽快感にあふれてきます

 

 

 

③有効に使える「価値ある時間」

これまでの二日酔いで苦しんでいた時間やボ~っとしていた時間が

とにかく有効に使えます。

価値ある時間に変わってしまうんです。

仕事はもちろん趣味や家族サービスや、あなたの好きなことに集中できる。

これまでの酒飲み人生を悔いるほどの違いを感じることでしょう。

 

④良くなる体調

肝臓はじめ各内臓の調子が良くなります。

おおむね、肝機能の数値は1ヶ月程度で回復します。

肝臓と禁酒~沈黙の臓器に感謝を。

 

⑤体重減

酒量分のカロリー減により、体重は1ヶ月で4kg前後減を期待できます。

当然個人差はありますが、体から毒が抜けていくことによる

健康的な体型に近づいていくことに間違いはありません。

 

⑥浮くお金

飲み代が浮いてきます。

当たり前と言えば、当たり前の話です。

これまでの酒代が多かった方ほど、浮くお金も多い。

これも当たり前の話。

 

⑦その他

今、あなたの思い付いたことも禁酒のメリットだと言えます。

いったいそれは何なのか。

私の想像を超えたことのようですが、なんせいっぱいあります!

 

禁酒による、あなた自身の蘇生

上に挙げた数々の禁酒のメリットをトータルして一言で言えば

 

禁酒によってあなたは蘇生する

 

ってことです。

 

 

おおげさに聞こえるかもしれません。

そして、にわかには信じられないかもしれません。

 

今、夢の真っ最中のあなたにとっては

 

「ちょ、ちょっと待って。今ええとこやから・・・。

もうちょっと寝かしといて・・・」

 

と、禁酒を少し先延ばししているだけなのです。

 

禁酒とは「起床みたいなもんだ」だと意識する

禁酒に対する意識を変えればいいのです。

 

夢を見ている状態から目を覚まし

数回まばたきをして、ゆっくり体を起こす行動。

そして、現実の生活をしっかり見つめ直す。

 

禁酒って「起床」のようなものなんだ、と。

そんな風にあなたの意識を切り替えてみれば

そのハードルは一気に下がるでしょう。

 

今のあなたは

ベッドの中で体をゴソゴソ動かしながら

起きるのに踏ん切りのつかない状況なのです。

苦手な方にはツライものですが・・・。

でも起きない日ってないですよね。

 

飲酒から抜け出せないあなたを

こういう視点で見つめ直してみるのも

ひとつの方法だと思います。

 

子供の頃、よく母親から

「グズグズせんと早よ起きや~!遅刻すんで~」

って、布団を捲り上げられた。

そんな思い出のある方には

禁酒は意外と楽なのかもしれませんよ!

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ