google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 今日があなたの「禁煙記念日」~ブラボー禁煙!


今日があなたの「禁煙記念日」~ブラボー禁煙!


Sponsored Link


いきなりですが今日から禁煙されてはいかがですか?

今日をあなたの「禁煙記念日」にされることをご提案します。

 

なぜ今日なのか?

理由は特にありません。

しいて言えば、明日より今日の方があなたにとって一日分禁煙メリットが多いから。

これまでも散々迷われてきたんだろうと思います。

ならば、「とにかく、始める」ことが重要です。

 

禁煙する理由なんて、おそらく重々ご承知のことでしょう。

不安で仕方のない禁断症状も始めないことには「始まりません」。

始まらなければ、終わらない。

何事も。

 

 

ここはひとつ攻めの姿勢で迎え撃ってやろうではありませんか。

そのためにも禁煙メリットをいくつか確認しておきましょう。

以下に挙げますが、ご注意願いたいのは、

 

禁煙メリットは、あなたの価値観によって差異がある

 

ということです。

なので、数え出したら切りがありません。

思い付いたものを列挙します。順不同。

 

禁煙メリット:家族から喜ばれる

家庭環境の面。

特にお子さんのおられるご家庭ならば

「喜ばれる」というよりも「嫌われない」かも。

私の場合、禁煙をまず妻に宣言して、

その喜ぶ顔を心の支えにして根性を出したものです。

ホタル族って言葉も昨今、あまり聞きませんが

それほどに喫煙者の数が減っているのでしょう。

家ではずっと家族一緒に暮らしたいものです。

 

禁煙メリット:習慣ではなく「中毒」だったとわかる

真偽の面。

喫煙は習慣ではありません。

れっきとした「ニコチン中毒」です。

本数が残り少なになってくると、不安でたまらなくなるのは、その証拠。

嵐の中にもかかわらず、切らさないようにコンビニに駆け込んではいませんでしたか?

もし習慣であったなら、人間には順応性があり、多少の変化には困らなかったはずなのです。

 

そして禁煙を始めると、なぜか無性に吸いたくなります。

禁煙=「正義」だとすると、ニコチン中毒=「悪」は必ず「戦い」を臨んで来ます。

この戦いが禁断症状そのもので、正しいことをしようとするとまず邪魔が入るもの。

これは、世の常というか、あなたが自信を持っていいことを物語っているのです。

 

「ああ、禁煙って素晴らしいことなんだ!」

 

と思ってください。

恐れることは全くありません。

近々「悪」が逃げ去ることは、これまた世の常といっても過言ではありません。

 

禁煙メリット:確実にお金が貯まる

お金が貯まる。金銭面。

これはタバコを他のもので代用しなかった場合です。

電子タバコのアイコスやら何たらでOKしていては大した意味がありません。

で、普通に禁煙されれば、もう計算(=取らぬ狸~)はされているとは

思いますが、一日に1箱(440円)で年間160,600円也です。

 

 

私的には、けっこういい金額だと感じるのですが・・・

ここら辺が「価値観の問題」ですね。

 

「へ、微々たるもんやな」

 

って方もいらっしゃるかも、です。

ならば10年間で1,606,000円!!

これなら、どないですか?

 

ん~・・・

(ただ10倍しただけやないか!って声が聞こえる・・・)

 

でも、一言で10年っていっても

振り返ってみれば、どエラク遠い昔でもないのではないでしょうか。

 

それに一日1箱以上吸ってる方にすれば

もっと早く「100万円超え」はやってくるわけで、

これは宝くじのような不確かなものではなく

確実にあなたのものになるのです。

 

 

禁煙メリット:咳・痰に悩まされなくなる

健康面です。

咳・痰は1,2日もすれば違いを感じると思います。

禁煙をしている自分を褒めたくなります。

喫煙者が咳き込んでいるのをよく見かけますが、

気の毒になってきます(つい最近までの自分を棚に上げといて・・・)。

 

また痰が絡んで、道端で吐き出しているオジサンも目障りだったはず。

これからのあなたは、そんなオジサンの可能性がゼロになります。

って言うか、ほんと喉がスッキリするんです。

気管のゴロゴロ、肺のゼイゼイって音も徐々になくなります。

 

 

あらためて「タバコの不健康」を感じられると思います。

 

禁煙メリット:受動喫煙とは無関係になる

社会面でもあり、

家族や周囲の方の健康面とも言えます。

 

副流煙の怖さは、ニコチンやタールが主流煙(喫煙者の吸い込む分)の約3倍

 

等、周囲の人にとんでもない悪影響を与えていることからもあきらかです。

(端的に、発がん性が3倍ということ)

中でも「目への刺激」(成分アンモニア)に至っては主流煙の40倍以上

と言われています。

家族をはじめ、みなさん嫌がるはずです。

そら、同じ部屋におれませんわ。

煙(けむ)とうて。

 

 

でも禁煙することで、あなたの健康も良くなり、

同時にご家族、周囲の方にも迷惑をかけなくなる。

 

受動喫煙の問題はあなたにとって一切関係なくなるのです。

 

素晴らしいじゃあ~りませんか!

 

Sponsored Link

 

禁煙メリット:爽快感・やる気がでる

心理面です。

これはやってみないと説明しにくいんですが

禁煙をはじめて丸一日も経つと、

 

翌朝、これまでの自分と違う爽快感や今日一日を過ごす活力が湧いてくる

 

んです。

これは咳、痰がでないなどの健康面や禁煙に踏み切れたという喜びが

複合しているように思えます。

先に書いた、受動喫煙ともこれからは無関係だ、という潜在的な意識も

あるかもしれません。

 

禁煙するまでは「ちょっとピンとこない」感覚かもしれませんが

これが毎朝続くと、非常に大きなモチベーションになります。

ま、やってみなはれ!

 

 

禁煙メリット:行動範囲が自由になる

エチケット面。

 

非喫煙者は「どこへ行こうと勝手」ですが

喫煙者はそうはいきません。

 

世間に存在するルール・マナーというものが、行動範囲を規制しています。

すでに「言わずもがな」ですね。

 

「あ~あの鳥のように自由に空を飛んでみたい」(比喩でっせ、比喩)

 

 

 

禁煙メリット:美容、歯周病などなど

美容、病気関連。

いったい禁煙によるメリットって幾つあるのか。

裏を返せば、タバコの悪影響ってどれほどあるのか。

 

人の体内への弊害はまず「血行不良」

 

ではないでしょうか。

血管を狭め、高血圧になり、それは血液の流れの阻害を意味する。

禁煙すればお肌にいい、ってことは

血行が良くなって、新陳代謝が活発になること。

喫煙による活性酸素は「小じわ」「シミ」の原因となっているのです。

禁煙で美肌を取り戻そう!! TRANSDERMA Blog

 

もともと人体の「不思議」

血液が細部にわたって必要な栄養を、必要な分だけ届けてくれる。

そして不要なものは排泄されるしくみになっていること。

 

自然治癒の根本は血行にある、といっても良いのではないでしょうか。

 

喫煙があなたの体に与えるダメージは計り知れません。

そして同時に、受動喫煙によって他人様にも被害を与えている現状。

 

歯周病も喫煙により悪化します。

歯周病と煙草の関係(日本臨床歯周病学会)

 

歯周病は口内だけに留まらず

歯周病菌による感染で、糖尿病をはじめ、脳梗塞、心臓疾患ほか

関節リウマチまで起こすという報告まであります。

歯周病と関節リウマチに大きな関係性!

 

Sponsored Link

 

誰も邪魔しない、あなたの禁煙

いったい喫煙にはどれほどの害があるのか。

そして禁煙にはどれほどのメリットがあるのか。

あらためてご確認いただけたでしょうか。

 

ここで私の禁煙生活3年余りの経験から一言。

 

あなたの禁煙を邪魔する人は、ひとりとしていない!

 

ということ。

素晴らしい事実です。

今、ひょっとして喫煙仲間のことが頭をよぎったりしてませんか?

ご心配無用です。

みなさんうらやみ、禁煙方法を尋ねられることはあっても、タバコを勧めてはきません。

 

人ではなく、例の「戦い」中の「悪」のみがニコチンを欲しがります。

その際のかわすコツのひとつですが

 

・はじめの1週間前後は根性で吸わない

・そのあとは、けっして禁煙を「辛抱しない」こと。

 

要は、根性だけでは必ず失敗します。

私も幾度となく根性禁煙を失敗して来ました。

では「辛抱しない」ってどうするのか?

 

禁断症状を「被害者意識」でやり過ごす

具体的には「被害者意識」をもつことです。

 

上に書いた数々のタバコの害をあなたはこれまで「リラックスと勘違い」してきました。

加害者である、悪=ニコチンの罠に引っかかってきたからです。

ニコチンという毒は、30分ほどで切れる(=イライラする)ので、

悪はまた要求してきます。

そこで吸う一本はニコチンを供給して悪が喜ぶ(体は傷む)。

 

あなたはイライラ感が一旦おさまるのでリラックスと勘違いしてしまう。

 

今までは単純にその繰り返しだったわけです。

なので、悪をやっつけるにはニコチンを供給しなければいいのです。

それには

 

自分は被害者であって、すべてはあの悪=ニコチンに騙されて来たんだ。

これからはあんな奴(加害者)をぜったいに喜ばすものか!!

 

との気持ちを持ち続けてください。

そうすることで辛抱することなく、禁煙を継続できるのです。

 

このカラクリを知ってしまえば、この「戦い」は勝ったも同然。

そのあとには、さまざまなメリットがあなたを待っています。

 

今日をあなたの「禁煙記念日」に!

最後の一本について。

その意味するところは、喫煙という連鎖反応を断ち切る意思表示が一つ目。

これにて喫煙、打ち止め!」って感じです。

 

もう一つあると私は思っています。

それは、あなたが心の底からタバコっていう毒物を認識しているかどうかの確認。

 

そっと心静かに火をつけ、その一本を眺め、じっくり吸ってみる。

その後ニコチンという毒物が血管を通り、手の先や脳まで達する感覚を

強く意識しながら、こう考えるんです。

 

「こんなものにこれまで騙され続けてきたのか」

 

と。

 

ひょっとすると悔しさを感じるかもしれませんが、それはもう過去の事。

 

この最後の一本をもみ消したあなたは、その時点で「非喫煙者」です。

 

 

では、必ず最後の一本は吸うべきか?

と聞かれれば、私は「どちらでもOK」と答えます。

 

あなたが喫煙という連鎖反応を理解していて、

尚且つ、その毒性をもしっかり理解しておられれば

特に最後の一本を吸うこともないと思います。

ただ、今残っているタバコは処分してしまいましょう。

 

「この最後の箱に残っている何本かを吸い終わってから」

 

なんてことはNGです。

それは、もったいないって気持ちが勝っていて、

喫煙という体に毒物を取り込む怖さを

完全に理解されていない証拠だから。

吸っても「一本まで」にしておきましょう。

 

私は今日という日があなたにとって

これまでの人生の転換点となる最高の一日であることを願っております。

 

 

「ハッピー禁煙記念日!」

そして

「ブラボー禁煙!」

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ