google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 加熱型タバコ「アイコス」の実態(娘からの情報)~やっぱりおすすめは禁煙です


加熱型タバコ「アイコス」の実態(娘からの情報)~やっぱりおすすめは禁煙です


Sponsored Link


娘から聞いたアイコスの実態

昨日、帰宅後末娘の知合いに「アイコス吸ってる友達がいる」というので

娘からの「又聞き」ではあるが、実態を書いてみた。

 

実態① 専用キットの持ち運びが面倒! ポシェットか何かに入れてるらしいが、カサが高い・・・

実態② 煙がくさい(娘の意見。娘は従来のタバコの匂いなら苦にならないと言うが)。「焼いも」のような変な匂いがイヤ、という別の子もいるらしい。

実態③ 周りで5人くらいはアイコスを持っていて、ちょっと(だいぶ?)自慢げ! のご様子。(自己満足か!)ヘビーに吸ってる子もいるとか。

 

アイコスをYoutubeで観てみた

その後、youtube「新時代加熱式たばこIQosアイコス」(各自検索願います)ってのを観ましたが

私のツッコミをいれた実況です

  1. まず、タバコ一本吸うのに、キットからホルダー(タバコを差し込む為の棒状のもの)を取り出して・・・(さあ、これから自分は加熱型を吸うんだ、という気合を感じます)
  2. ヒートスティック(紙タバコみたいなもの)をホルダーに差し込む(なんと、スティックの短いこと。従来の約半分ほど)
  3. 「しっかりと止まるまで刺してゆきます」(けっこう、きつめに刺してるようです。その方がうまいのか?葉っぱは大丈夫か?)
  4. 次にホルダーのボタンを長押し、しばらくかかる。(一本ずつ毎回、待つんですね。忍耐ですわ)
  5. 緑のランプが点灯すればOK。ようやく、吸います。(やっとかいな。さぞかし、うまかろう)
  6. 字幕「吸った瞬間の感じは紙巻たばこの感触と全く変わりません」(変わらんのかい!!味は?)
  7. 煙は蒸気で、量も少なく、匂いもほとんどしない(少しはするでしょう。味には触れません・・・)
  8. ニコチンは入るが、タールは入らない(つまり頭だけスッとして、体(肺、気管等)には優しいかも。ヤニもつかないっぽい)
  9. 吸ったあと、何度かに一度はホルダーにつまった葉をクリーニング必要(さらに面倒じゃ)
  10. (画面に映ってる人、配線関係が好きな人なんでしょうね。ホルダーの取り外しとかが面倒そうなんですが、楽しんでるように見えます。Youtubeに出てるからかな?)

Sponsored Link

やっぱり最後は「禁煙を!」

私には全く流行っている理由が分かりません。

単に「新しいもの」をチェックしておこう、というだけでしょう。

これだけ高価なもの。まず専用キットが数千円。

タバコ葉を巻いたヒートスティックというのが値段は不明も、やたら短い。

その上、タバコ一本吸うのにかける「労力」と「時間」。

で、味がうまいかどうかは知りませんが、周囲の煙(蒸気?)の反応は「くさい」という。

(娘からの実際の声です)。

いくら、タールを取り込まないから「体によい」「副流煙の害が少ない」とか言ったって

“費用対効果”つまり、かけたお金に対する見返り、がとんでもなく悪い。

「受動喫煙」対策といっても、とても長続きしそうにありません。

これが、今品薄状態で手に入らないっていうのは一時的なことだと思います。

 

それかやはり、国の狙いで

「タバコ=高価」

のイメージを今後、国民に植え付けようという戦略なのかもしれません。

もちろんこの先の値上げをしやすい環境整備の一環としてです。

いっそのこと、従来品をなくして、加熱型のみにすれば

 

「こんなもん、いちいち吸ってられるか!!」

 

って、喫煙人口が激減し、「結果オーライ」になるかも・・・?

いや、そうなったら、闇市場で加熱型よりは安い従来品が横行して・・・。

 

/.

やっぱり、今後タバコは相当高価なものになりそうです。

今のうちから禁煙を!

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ