google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁煙は難しいと思っているあなたへ。禁煙本「30分でタバコがやめられる!」の感想文


禁煙は簡単か?『30分でタバコがやめられる!』~Changeですぞ!


Sponsored Link


ご紹介するべきだと思った禁煙本

いや~実は、昨年夏頃、読んでいて「良書だ」との印象だったのですが、

 

tabako30

「あなたも 30分でタバコがやめられる!」山崎裕介著

 

この「タイトル名」に正直いって「ほんまかいな」を感じ、ご案内しなかったんです。

この本を読むだけで裕に30分はかかるでしょう(ページ数105P)。

のっけから「矛盾イメージ」が拭えなかったわけで・・・。

30年以上の喫煙暦の私が、かの「禁煙セラピー」を5回以上読んで成功しなかったのに

たった30分でやめられたら「著者のアレン・カーさん怒ってくるで」と思ったんです。

 

でも付属の著者の解説CDも聴いたりして

正直、私自身の禁煙体験に近い

との印象も同時にあったのも事実です。

 

つい先日、アマゾンの禁煙本ジャンルの1ページ目にこの本が載っているのを見て

「あ、根強い人気や。やっぱりご紹介しとかんとアカンぞ!」

と思い直した次第です(結構、優柔不断)。

 

目の前の「楽」、快楽原則

前置きが長くなりすみません。さっそく「私の感想文」です。

だいたい以下のように、まとめられています。

 

①(喫煙理由) きっかけを思い出すこと(ほとんどは周囲の影響)で、あなたが悪いんじゃない

との被害者意識をもたせようとします。そして、このままではいけないと・・・。

 

②(禁煙理由) 目的の明確化。健康・お金・時間の有効活用・その他様々なデメリット。

 

③(人の行動パターンとは) 人とは目の前の「楽」を選んでしまうものである(=快楽原則)

タバコをやめようとしても30分も経てばまた「快楽原則」によって吸いたくなる。

そういうものが通常の行動パターンなのです。

 

④(タバコでリラックスの疑問) 喫煙者だけがリラックスを求めて喫煙コーナーへ

向かうのってなぜでしょう。非喫煙者には無用なものです。

 

Smoke.

 

無意識から快楽原則へ

⑤(欠かせないタバコって?) 一日で欠かせないと言われるのが、朝、ランチ後、

仕事後の3本。その他のタバコはクセか習慣か?

いえ、「無意識」なのです。そう思われませんか?

 

⑥(ニコチン中毒は軽い) 睡眠中は吸いたくならないでしょう?

あなたが思うほどニコチン中毒はきつくないのです。

 

⑦(次の一本を吸う理由) ニコチン摂取後30分でやってくる軽いイライラ。

次の一本を吸えば5秒で解消される=快楽原則。

まるでこの一本がすべてのストレスを解消してくれていると、

あなたは「錯覚」しているに過ぎない。

Sponsored Link

 

「しのぎ」でタバコを意識する

⑧(無意識を意識へ) 次の一本を吸いたくなった時、あなたには選択の自由があります。

吸うか、吸わないか。吸えば当然喫煙者のままです。

吸わない場合、必要なことは「しのぎ」です。

せいぜい1,2分の辛抱です。深呼吸が効果的。この体験を体が覚える。

そして繰り返すごとに「楽」になります。

これまでのイライラや不安はタバコのせいだったと「意識」できるようになります

 

⑨(しのぎで忘れる) 禁煙当初は「しのぐ」意識を集中させましょう。

早ければ半日で脳にこの潜在意識がつくられます。そしてタバコのことを忘れていた、

と気づくときがあっという間にやってきます。

信じられないかもしれませんが、この効果は著者のセミナーで実証済み、とのこと。

 

⑩(不安があれば) 自分への支えがなくなる「怖さ」。これは元々タバコがもたらしたもの。

本当は怖くありません。現に睡眠中は吸いたくならない。

生理的、肉体的な影響もほとんどありません。世間で言われるほどの離脱症状はないのす。

タバコは「楽」にやめられるんです。

 

⑪(最後のタバコ) 禁煙の決意ができたら、最後のタバコを吸いましょう。

そして、揉み消す→自由→心の安らぎを楽しむ。

 

無意識の一本から、ニコチンの意識

と、同書の「あらすじ」をご紹介してきましたが、如何でしたでしょうか。

 

私の思うポイントは「無意識(の一本)から(ニコチンの)意識」です。

あなたはニコチン中毒が「たまらなくて」吸っているわけではないのです。

 

知らないうちに火をつけてしまったという無意識の一本。

ニコチン中毒ってそんなにたいしたものじゃないんだという意識をもつ。

とはいえ、いざ吸わないとなるとイライラ感はやってきます。

その離脱症状を1,2分の「しのぎ」で辛抱する以外にも「気の持ちよう」によって相当楽にやり過ごすことができます。

「このイライラは体の中で小悪魔が悪あがきをしている証拠だ」

と思えば、離脱症状ですら楽しみに変えることができます。

 

小難しい話よりも、要は「Change」できるかどうかです

最も大切なことは健康であること。今のあなたにとってそれは禁煙することではないでしょうか。

禁煙をするために小難しい知識を並べた文章をよく見かけますが、

 

要は禁煙できれば方法は何だっていいんだ

 

と、私は思います。

周囲の禁煙成功者の方たちをご覧ください。

ず~っとつらいままの方っておられないと思います。

あなたが思うほど、「禁煙のつらさ」はそんなに長くは続きません。

あなたの勇気そして「Change(変わるぞ)」の気持ち次第なのです。

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ