google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁煙ってこんな感じで成功するんです!


禁煙ってこんな感じで成功するんです!


Sponsored Link


タバコを吸うタイミング

禁煙をはじめて数日後。

「そう言えばいつもこの場所このタイミングで1本吸ってたなあ」

って、ふと思い出すときがあります。

体がこれまでの喫煙グセを覚えているからなんです。

特に吸いたくもないのに、手がタバコに伸びてた、なんてことも以前にはありました。

そう言えば喫煙者だった頃は

会議の後、外に出たとたん、電車から降りてすぐ・・・

それまでの辛抱分を取り戻すかのように吸っていました。

Smoking Businessmann

居酒屋では、話が盛り上がればつい1本手が伸び、

話が落ち着けば静まった頃にまた1本。

また、アルコールはタバコによく合いました。

ニコチンはアルコールによってほどよく吸収

されるものなのかというような

錯覚を覚えたりしたものです。

そして、タバコの煙がのどを通るたびに渇きを与えてくれ、そのあとに流し込むアルコールがまたウマイ。

「タバコとアルコールって何て相性がいいんやろ」

ってよく思ったものです。

 

よっしゃ、これで~本、節煙!

・・・で、今、現実に戻れば「禁煙中」。それもはじめたばかり・・・。

ちょっと、いや相当か、イヤミな書き出しでした。ごめんなさい。

どのタイミングでタバコに火をつけていたかってことを言おうとしていたんです。

「禁煙のおすすめ」とは真逆に進んでしまいました。カンニンです。

誰でも吸うタイミングはある程度決まっていたのではないですか?

平日の飲み会のない日なんて特に。

朝起きて、~本

会社まで  ~本

昼食後  ~本

帰宅までに ~本

寝るまでに ~本 なんて感じで。

F_kinnenn no image

だから目覚めの一服をしなかったら

「今日は少なくとも~本は節煙してるぞ~!」

って、思われてたはずです。

そして会社でも、外出先でも、

以前の吸っていた状況のときに吸わなかったら

「よっしゃ、これで~本節煙!」

と意識されていたことでしょう。

 

徐々に「よっしゃ」がなくなる禁煙

でも、禁煙をはじめて一週間程度経ってくると、「よっしゃ」とは思わなくなってくるんです。

つまり、徐々にではありますが、その状況で吸っていたということを忘れるようになるんです

「あれ、ここでいつも吸ってたはずやのに。別にどうもないなあ」

って。

その積み重ねで、いつの間にか、一日中吸わなくても平気だ、となるわけです。

あくまで「徐々に」ですよ。

いっぺんにはムリです。

日数的には、よく言われるのが3週間。

私の場合は1ヶ月くらいでした。

Sponsored Link

 

怖いのは「誘惑」と「覚えてる」

一日中タバコのことを忘れていられれば、もう非喫煙者の仲間入り!

と思ったら、そうは甘くないんです。

「周りの誘惑」と「体が覚えてる」というのがあります。

禁煙しはじめの頃は飲み会は避けた方がいいかもしれません。

タバコを勧められるからというよりも、店内が禁煙でなければ「副流煙」で懐かしさが込み上げ、

それにアルコールが追い討ちをかけます。つい1本欲しくなり、大変危険だと思います。

よっぽど自信がつくまでは禁煙コーナーにしてもらうのがベターです(あるのかが問題)。

もうひとつ、体が覚えてるっていうのは「トリガー」ってやつなんですが。

私も禁煙後、1年数ヵ月後に体験しました。

禁酒禁煙中も「トリガー」は怖い」(参照)

ある試験会場(大学の教室)を出て、階段を降り、

外へ出ると無意識に、右手が左胸のポケットを探っていたんです。

そう、喫煙当時は左胸ポケットにタバコを入れていたのを体が覚えていた。

そして、30数年ぶりにもかかわらず

「教室を出る行動」で、体(脳)は「次はタバコに火をつける」んだろうと

インプットされたままだったんです。

ぞっとしましたが、これが「トリガー」ってやつです。

要は久しぶりの状況であっても、体は自然のままに以前(喫煙時)の行動をとってしまう、

ことがある。

注意すべきですね。

 

時間と共に解決する禁煙

というわけで、禁煙への成功の感覚は伝わりましたでしょうか。

よく何かに付け「振り返ってみたら、あ~そうそう、あんなだった」とかありますよね。

F_道路でジャンプをするビジネスマン

禁煙暦数年のベテランさんたちは、

みなさんそんな感じだと思います。

はじめはツラク思える禁煙も

時間と共に必ず解決へと向かいます。

自信を持ってお続けください。

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ