google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁酒効果から考えてみる②~二日酔い編(おすすめは「お試し禁酒」)


禁酒効果から考えてみる②~二日酔い編(おすすめは「お試し禁酒」)


Sponsored Link


しんどかった、忘年会・新年会シーズン

私は禁酒して4度目の年末を迎えます。

これからはじまる忘年会、新年会シーズン。

この時期ほど「生まれ変わった」ことを喜べる時期はありません。

以前なら「鬱」やないかと言えるくらい落ち込んでいました。

何でって、そりゃあ「二日酔い」で、ですよ。

 

まるで「お約束」みたいに。年末年始の休みの間中、朝から晩までアルコール漬け。

寝てるか飲んでるか、でした。

朝、目覚めて二日酔い対策の「迎え酒」で昼寝をし、夕方起きて「飲み直し」。

その繰り返しでした。

だから、正月明けの初出勤日は、頭ギンギンガンガン状態で、

這って会社へ向かうのが「恒例」となっていました。

しんどかったです、ホンマに。

 

想像してみよう。二日酔いのない朝

前置きが長くなりました。

さあ、これからは楽しい楽しい忘年会(!?)シーズンですね。

誰だって、多少なりともアルコールが入ると気になるのが二日酔いです。

ま、宴会で飲んで騒いで楽しい思いをしたんだから翌朝はきつくてもしかたがない。

「楽あれば苦あり」ってことですかね。

でも、もしもあなたが一滴も飲まなかったらどんな朝を迎えられるのでしょう。

 

F_sarada wo taberu josei

 

シャキっと目が覚めて、昨晩の自分の言動や周りの出来事をつぶさに覚えている。

時計を見たらいつもの時間とそう変わらない。

すこし寝坊した程度の朝だ。

それもすがすがしい朝。

昨晩の楽しかったこと、また驚いたことなどを思い出しニヤリとしつつ食べる朝食。

いいんじゃないですか、こんな感じ。

一度、想像してみてください。

 

まるで「楽あって楽あり」みたいですね。

飲まなければこうなるんですが、そうはいかない。

じゃ飲み会にはどう臨めばいいんでしょうか

Sponsored Link

 

二日酔いしない方法?

①空腹は避け、酒と同量の水を飲む?

空きっ腹の酒は回りが早いって言いますね。

それに胃や肝臓にいつも以上に負担がかかるような気がします。

実際のところ空っぽの胃はアルコールを急いで吸収し、血中のアルコール濃度も急に高まり、

その結果肝臓はいきなりのフル稼働となるみたいです。

良くないですね。

逆に何か食べながら飲むのは、血中のアルコール濃度が急には上がらず、

肝臓がゆっくり働けて分解能力も上がるとのこと。

空腹を避けた方が内臓にやさしいわけです。

酒と同量の水を飲めば「度数半分」または「飲酒量半分」ってことですから、

体にいいってことはすぐにわかります。

 

・・・がしかし、私の経験上、この二点は両方とも意味をなさなかったんです。

あくまで私の場合ですが。

まず「空腹を避けた」場合、目の前の料理にあまり手が出ずに酒ばかり飲んでしまう。

要は、食べずに飲んでばかり。

特にビールはほとんど飲めず、日本酒、焼酎等のキツメの酒に早めに切り替えてしまい余計に酔いが早くなった。

「同量の水」も、幾度となく試しましたが、やはりアルコール量で同量を飲んでしまいました。

酔いは同じで、お腹ダボダボって感じがして途中で水を飲まなくなったと思います。

 

②飲む前に飲む薬(漢方とか・・・)は効果ある?

肝臓の働きを助けるドリンク剤だとか漢方の効き目がどうのこうのいうのがありますよね。

ある日飲み会の前に飲んでみて、途中で「これ効いてる」って思ったが最後、

調子に乗っていつも以上に飲み過ぎてしまったことがありました。

結果、相変わらずの惨状で終わってしまい、私としてはメリットなし。

fotolia_94019489 ヘッダー酒 サンプル

 

 

 

 

 

上の二つの例でわかるのは「自身が酒量をコントロールできるかどうか」だと思います。

コントロールできる人には良い方法だと考えられるんですが・・・。

 

どうですか「お試し禁酒」!

そこで、その日限りの禁酒宣言=「お試し禁酒」というのはどうでしょう。

飲み会のはじめのうちに「今日は飲みません」と周りに宣言してしまうんです。

もちろん「その日だけ」なので気分的にもプレッシャーは少ないと思います。

でも、あらかじめ心の準備はしておいた方がいいでしょう。

衝動的に言ってしまうと周りの反対意見に流されてしまいそうですから。

飲み会のはじまりから、帰宅するまではせいぜい4~5時間じゃないですかね。

それくらいならなんとか辛抱できるんじゃないでしょうか。

目の前においしい食べ物はいっぱいあるんですし、それこそノンアルコール(嘘)ビールか何かでごまかしながら、

楽しい話で盛り上がっていたらあっという間に時間は経ってしまうと思いますけど。

 

 

一度体験してほしい「酒のない生活」

F_乾杯する男女

ここまで、私はいかに「二日酔いしないか」というテーマで書いていますが、

実は「酒のない生活」を体験してもらいたいんです

 

 酒がなくても・・・宴会(飲み会)は楽しい

 酒がなくても・・・コミュニケーションは大丈夫

 酒を飲まなかったら・・・翌朝の気分は素晴らしい

 

忘年会の時期ですから「酒」はつきものかもしれません。

「酒がなければつまらない」と言われる方がほとんどだと思いますが、

「そうだとは限らない」と見直されてはどうでしょう。

これって酒を必要としなくなる、つまり辛抱しない禁酒の第一歩なんですよ。

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ