google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁煙決意は自業自得のきっかけで・・・私の場合(泣)


禁煙決意の「きっかけ」はなんでもOK!~私の場合をご紹介


Sponsored Link


禁煙を決意されるには、最初に何かしらの「きっかけ」が必要です。

それは大それたものでなく、些細なことでもいいのです。

あなたがそのきっかけによって、禁煙実行に一歩足を踏み出すことさえできれば

それはその後おおきな原動力となってくれます。

 

ここでは私の禁煙するにいたったきっかけをご紹介します。

単なる一例です。参考になるかどうか・・・。

ただ「こんな感じか」って思っていただけたら幸いです。

 

アベノミクスにあやかろうか・・・ど素人バージョン

一昨年(2013年)から世間ではアベノミクスと言い出して株価が急上昇。

日銀も「バズーカ」とかなんとかを放って市場にお金をばらまくよ、

なんて記事が新聞を賑わしていたのですが、

横目で見ていた私も当然気にはなっていました。

 

「アベノミクスにあやかって、ちょっと株でもやってみるか」

 

と、「ど」がつく「素人」の私が、

妻から必ず返す約束のうえで資金を借り、

儲かるのを前提(甘い!)に生まれてはじめて株を買いました。

 

まずは会社四季報を購入し、見方もわからぬまま自分の勝手な解釈で

めぼしい企業に印をつけ、後から予算とにらめっこをしながら

購入株を決めてゆく。

まるで買う株すべてが値上がりするであろうという目論見で

それはそれで大変楽しかったのでございます。

 

そして昨年の正月のこと。

いや~、ビギナーズラックとはあるもので

2ヶ月くらいはトントンか少しプラスで推移してました。

 

 

「ここは価格変動の大きな銘柄の方がおもしろいかも」

 

なんて、客観的に見れば、完全に「お調子もの」だったかもしれません。

でも普通こんな感じですよね。

当の本人は

 

「損なんか出すわけがない」

 

と意気込んでおり、挑戦するぞ、の一言でした。

 

で、怖いもの知らずのノリで、ある情報通信株を購入しました。

情報通信株って値動きが他業種に比べ大きかったんです。

それだけ利幅も大きいと考えました。

(同時に「損失の可能性」も大きい、とは念頭になかった・・・)

 

3月のはじめごろでした。

 

Sponsored Link

 

下がりっぱなしの情報通信株

それが買うや否や下がるは下がるで、

 

 

心配になり専門家はこの銘柄をどう見てるのかを調べると

どこそこの証券会社の偉い人が

 

「ダブルトップの完成です。ネックラインから上がることはないでしょう」

 

のような私にとっては初耳で、意味不明なことを嬉しそうに書いていました。

「ダブルトップの完成」って

当面下がる一方で上昇は期待できないチャートの形らしいです。

 

穴埋めは禁煙しかない、という結論

呆然としながらも現実を受け入れるしかありません。

Fotolia_tabako to okane

 

資金の半分近くの損を出してしまいました。

初心者の私には、次で取り戻すという発想はできず、

 

「どうにかして穴埋めをせないかん。(妻にも)言えんしな~」

 

と悩んだ末に株以外で償う方法を考え、

その結果、日々の節約と禁煙しかないという結論になったのです。

もう自業自得としか言えません。

情けない~(泣)。

 

禁煙のきっかけは、あなた次第

下衆な話を長々と書いてしまいました。

すみません。

たまたま、私の禁煙のきっかけが

「株取引による自業自得の損失」でしたと、

ご紹介させてもらっただけで、けっして悪意はございません。

 

あなたの場合は、当然あなたのきっかけでOKで

それは些細なことでもなんでもいいんです。

要は背中の一押し!

 

「禁煙なんて無理だろうなあ」

 

という胸の中の、それも背中側つまり奥の方に隠れている気持ちを

前の方へ引っ張り出すって感じです。

 

 

「いっちょ、やってみるか!」

 

って前向きに禁煙を考えられる動機付けですね。

 

この「きっかけ」っていうのが

今後、禁煙継続の大事な大事な手伝いを担ってくれるんです。

 

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ