google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁煙するまで③~だんだん追いつめられて


禁煙するまで③~だんだん追いつめられて


Sponsored Link


 

50歳での同窓会にて~喫煙者は二人だけ

禁煙に挑戦しては失敗を繰り返す。

「誰もがそうやろう」と投げやりになったりもしました。

2,3日禁煙した後での一服が、これまた「うまい!!」と妙に減煙を楽しみ、

以前30本吸ってたのを、20本に減らして

「これで寿命は1.5倍や!!」

と訳の分からない理屈で納得したりしてました。

 

そんな折、高校の同窓会があり出席しました。

今から5年前、50歳のときです。

出席者は20数人で、その中で喫煙者は私の他に一名(K君)のみ。

「みんな吸わんな~」

と彼と感心してました。

しばらくしてK君が

「タスポ持ってるか」

と聞いてきました。

たばこを切らした様で・・・。

 

その頃は、東日本大震災の影響でコンビニのたばこが品薄になり、

自販機の方が買いやすい時期でした。

 

F_タスポ

タスポを持っていた私は、ちょっと自慢げにK君に

「よっしゃ、俺に任せとけ」

ってな感じで買ってあげたのですが・・・今思うと、

非喫煙者から見ればバカバカしい光景だったに違いありません。

それか憐れみを以て見ていたか・・・。

 

Sponsored Link

 

また幹事の子が写真好きで、まめに撮ってくれてました。

後日見ると、私の写ってるのだけで10枚近くあったんですが、

そのすべてで私はたばこをくわえており

「ちょっと吸い過ぎ?」

って自問してしまった程でした。

 

一泊入院ですら禁煙できず・・・そして、追いつめられる

翌年、大腸の内視鏡検査を受けたところ

ポリープ(良性)が見つかり一泊の入院となりました。

地元の総合病院だったのでマイカーで行き

地下駐車場に止めていたのですが、院内がすべて禁煙だと知るや、

看護師さんに隠れてエレベーターへ、いそいそと・・・。

車の中でタバコを吸いながら

 

「こんな患者さんおらんやろうな~」

 

と思いましたが、その晩に3回は降りていきました。

一晩も、ましてや病院内ですら辛抱できない自分。

「こんなこと、いつまで続けるんやろう」

みじめな気がしました。

そして同時に

“追いつめられている”

とも思ったのです。

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ