google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁酒後の実感メリット⑤~3年後、今思うこと


禁酒後の実感メリット⑤~3年後。「立ち直り」を喜んでくれる人


Sponsored Link


酒量をコントロールできなければ禁酒を

私は30数年前に本格的にお酒を飲み始め、

その酔いの気持ちよさにおぼれてしまい、

強くもないのにほぼ毎日飲み続け、

時に周囲の人に迷惑をかけ、

特に家族にはひどい事をしてきたと

本当に申し訳ない思いでいっぱいです。

 

お酒というものは、コントロールできる方にとっては

社交の場の円滑油であり、健康面では百薬の長なのでしょう。

 

しかし、私のようなコントロールできない者にとっては、

百害あって一利なしの代物だと断言します。

 

後者の方は是非とも禁酒に挑戦していただきたいと願うものです。

ご自身の健康や活力、そしてお金等々のメリットだけにとどまらず、

ご家族をはじめ周囲の方々の笑顔がその先にはある、

ということをお約束いたします。

 

家族にゴメン

 

 

 

 

 

 

 

喜んでくれる人がいる

先日、数年ぶりに法事があり親戚が集まりました。

私はその席で、禁酒して3年経つことを叔父や叔母に話したところ

 

「そうか、そうか。良かったなあ」

 

とにこやかに聞いてくれてました。

 

Sponsored Link

 

そして帰り際、叔母の一人が

 

「今日はええ話を聞かせてもろたわ。

実は、ずっとあんたの体のこと心配してたんやで。

けど(お酒を)やめたて聞いて、ほんまにうれしかったわ。

おばちゃんもひと安心や」

 

と言ってくれました。

 

 

私は、自分を恥じました。

身内とは言え、以前から心配かけてたんや。

言いたくても、私に気遣って言えなかったのか、無駄だと思っていたのか。

それはわからないけれども・・・。

いずれにしても今、とても喜んでくれている。

この気持ちを大切にせなあかん、と。

そしてこの禁酒の効果は、

これからも私に予想外のうれしい経験をさせてくれそうだと思えてならないのです。

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ