google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 控えめな禁煙成功者


控えめな禁煙成功者


Sponsored Link


ゴールまでのコブ

常日頃から

「禁煙しないといけないなぁ」

と思われている、あなたへ。

禁煙への道のりは長く、禁断症状によって途中できっと挫折してしまうに決まってる、

とか思われてませんか?

禁煙を志している方々はみなさん同じ思いでしょう。

禁断症状の実際の期間は3週間~長くて1,2ヶ月(個人差あり)。

Fotolia_miti禁煙のゴールまでを一本の道に例えれば

その途中にコブがあって、

ゴールの目印が隠れているようなもの

なので、非常に長く険しい道のりなんだろうと思いこんでしまっているんですね。

まさにこのコブがニコチンによる禁断症状なんですが・・・。

 

あっという間の過去2ヶ月

2ヶ月前、あなたは何をしていましたか?

今は3月なので、例えばお正月。

おそらく楽しく過ごされたことだと思います。

でももう2ヶ月経っているので、もしあのときに禁煙を開始していれば

禁断症状はあったにせよ、今のあなたは禁煙に成功されていることでしょう。

過ぎてしまえば「あっ」という間だということです。

 

ニコチンによる幻想

禁断症状は私の場合2ヶ月もなかったです。

2,3週間だったと思います。

振り返ってみた場合の禁断症状は

「そう言えばあの頃は○×だったなぁ」

のようなもので、大それたものではありません。

ただ、これから禁煙されようとしているあなたにとっては

そう簡単なようには見えません。

そうさせまいとするニコチンによる「幻想」が立ちはだかるからです。

それは、イライラ感、眠気、集中力低下、めまい、のどの渇き

喜怒哀楽の激しさ等々、様々なカタチで現れます。

まるであなたの弱みを握っているかのように

Sponsored Link

 

禁断症状は「お約束」

それらは一時的な現象に過ぎないのですが

不安感を掻き立てられ

「もうアカン」

と思わされる・・・。

でもこれが禁煙のゴールへのコブなんです。

禁煙成功者の誰もが経験している

「お約束の症状」

だと思い過ごしてしまうのがいいのですが・・・。

どうしてもダメな場合は

心に優しい禁煙法~思えば私もこうしてた」

で書きましたように、一本吸いましょう

くやしいですけど・・・。

戦国時代の戦の駆け引きのように

「一旦、引き上げ~い!」

で、次回の”攻撃”へのタイミングを見計らう。

それも「一手」です。

 

控えめな禁煙成功者

苦労の甲斐あって禁断症状を乗り越えた

禁煙成功者は、特に表立って

「禁煙できてよかった~」

なんて言わないものです。

どの時点で成功になるのかハッキリわからないですし

言ったとたんに勧められて、また吸ってしまうかもしれないし。

 

体は正直で、調子がよく

「現状キープしたい」

という意識もあるでしょう。

ただ心の中では

「よしよし、もう自由だぞ」

って喜んでいます。

 

Fotolia_fukubukuro

ゴールまでのコブを乗り越えて来て

はしゃぐこともなく控えめなんですね。

その理由は口には出さずとも

健康や自由その他、まるで福袋のような「自分へのご褒美」を

いっぱい手にしているからに他なりません。

あなたも控えめに喜んでみませんか?

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ