google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 心に優しい禁煙法~思えば私もこうしてた!


心に優しい禁煙法~思えば私もこうしてた!


Sponsored Link


私が実践した禁煙法

どうしてこれまで気付かずに来たのか。

これからご紹介する禁煙法が最も

“私が実践したのに近い禁煙法”だと思います。

今まで書いてきた具体的な方法は、確かにその通りなんですが。

 

①動機(きっかけ)

②トリック(騙し)に気付く

③実行

 

ただ、実行後にやってくる「禁断症状」はやはり強敵です。

 

禁煙後。「ちょっと一本」が欲しくなったら

 

の記事に書きましたが、一本吸ってしまえばどれだけ楽なんでしょう。

Fotolia_kaidann otikomu

禁煙の経験者であれば誰もが思うことです。

私自身、幾度となく失敗したのも同じ理由で

「このままでは精神衛生上よくない!」

なんて周りに禁煙撤回宣言までしてました。

 

 

その後、何度目かの禁煙で「成功してしまった」んです。

妙な言い方ですが、本当です。

上の①や②は当然ですが、それよりも体が徐々に禁煙に慣れてきてくれて、

禁断症状も幾分ましだったように思えました。

 

一度で成功させようとする禁煙本(またはサイト)

昔から数多くある禁煙本やサイト。

おそらく最近のそれらも同様だと思いますが

どれも「こうすれば、あなたも禁煙できる!」と謳っています。

要する時間や方法は別にして「一度で成功に導く」内容のはずです。

だから、あなたにプレッシャーがかかるんです。

 

「禁煙本の指示通りにしてるけど、やっぱり吸いたい!」

 

との衝動は必ずと言っていいほどおこりますよね。

そして禁煙本には、そんなときの対処法、クリアの仕方がアドバイスされています。

でも、はたしてその通りにうまくいくでしょうか。

Sponsored Link

 

心に優しい禁煙法

私の経験から言えば

そのとき、いっそ、吸ってしまう方がいい。

これは

禁煙後。「ちょっと一本」が欲しくなったら

の記事の続き(補足)になりますが、禁煙の練習をするということです。

このときあなたは②のトリックを体感することになります。

前向きに考えましょう。

つまり今までは、

はじめての禁煙で成功させよう

との発想だったんですが、そうではなく

失敗してもかまわない、実行を繰り返していくうちに

何度目かで成功すればいい、と考えるんです。

 

これが「心に優しい禁煙法」です。

 

そして、また時期を置いて挑戦するんです。

回を重ねるたびに成功に近づきます。

私は禁酒にしろ禁煙にしろ、成功したときは

以前ほどの「ツラサ」を感じませんでした。

それは、無意識に

「体が徐々にトリックに慣れてくれていた」

からだと思いました。

 

毎日感じる禁煙プレッシャー

Fotolia_okugai kituennjo

周囲の環境も一助となります。

仕事でも、プライベートな時間でも

喫煙はしにくくなりました。

ベランダのホタル族は当たり前、

レストランでの食後の一服も店外へ。

 

「こんなんいつまで続けるんやろ」

と何らかのプレッシャーを毎日感じずにはおれません。

それらが、またあなたに禁煙欲をかきたてます。

体の方は、はじめの頃よりも「禁煙慣れ」しています。

だから、すんなり禁煙できる可能性が高いんです。

 

禁煙外来よりも・・・

禁煙外来は10年ほど前に行った事があります。

当時は「誓約書」なるものを書かされて

医師から

「国民の納めてる保険料を使わせてもらうんだから成功してまらわんと困る」

みたいなことを言われ、押し付けがましさを感じたんで断りました。

今はどうなんでしょう。

費用としては

健康保険等の適用と禁煙治療にかかる費用』(ファイザー)

によると、8~12週分で13000円~20000円程度とあります。

 

(余談 : この記事はあざとい

タバコ1日1箱なら同期間で24000円~36000円。棒グラフを使って比較し、

だから「安いでしょ」って言いたいのがみえみえで。そのへんの情報商材みたいですね。)

 

禁煙外来でニコチンパッチやガム、

それに飲み薬のバレニクリンっていうのがあるそうで

それらも含めて考えてもタバコ30~40箱は買えそうです。

ならば、「心に優しい禁煙法」をこの本数内で何度か繰り返せば

禁煙外来よりももっと安く

成功してしまうんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。

 

やはり最後は未練を捨てる

あなたが「心に優しい禁煙法」の2回目、3回目と重ねるうちに

だんだんタバコへの「未練」が薄れていくと思います。

(①動機と②トリックは忘れずに!)

そして最後、本当にやめるときには

今あるタバコを捨てましょう!(私もそうしました)

もし、買ったばかりで20本あっても同じです。

初回からそうしている方は今回もそうしてください。

未練を捨てる」んです。

この気持ちが強ければ強いほど、その禁煙は本物だということです。

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ