google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html ダイエットセラピーを読んでみた②~結局は「身の守り方」か!?


ダイエットセラピーを読んでみた②~結局は「身の守り方」か!?


Sponsored Link


やっぱり体にやさしいフルーツ

前回記事「ダイエットセラピーを読んでみた

の感想をもう少し。

確かに野生動物で肥満してるってのは見覚えがありません

「空腹感」が食べ物を求め、そして「適切量」を食べる。

けっして「食べ過ぎた」なんてことがないので

肥満はないんですね。

言われてみれば、もっともだと思います。

人間と、人間に飼われている犬や猫などのペットのみが

肥満の問題を抱えています。

著者アレン・カーは

今や人間は、その自然の摂理を越えていると思いこんでいるのです。

どうやら我々は野生の動物から学ぶべきことがあるようです。(P25)

と言っています。

で、影響を受けやすい私は、

朝食の際、牛乳に替えてフルーツ100%ジュースを飲むようになり(前記事参照)

まだ一週間程度なんですが

このところ午前中にお腹がなるんです。

今までよりも1,2時間早く。

Fotolia_furu-tu ju-su

「そんな即効性ある~!?」

とは思いつつも

「けどこれは、これまで飲んできた牛乳が消化の悪い飲み物やった証拠か?

やっぱりフルーツは消化がよく、体にやさしいんや!」

と素直に喜んでいます。

 

「ベジタリアン」ではないけれど

妻はダイエットセラピーについて話すと

「ベジタリアンになれってこと?」

と聞いてきます。

人に適した食べ物が

フルーツ、野菜、米、麦等々と言われれば当然かもしれません。

でも同書には

「ベジタリアン」の心配をしているあなたへ(p202)

とのタイトルで

食物の摂取量のうち少なくとも

70パーセントを水分の含有量の多い新鮮な果物や野菜に

変えることです。それができれば、あとの30パーセントは、

食品の組み合わせさえ注意すれば、何でも好きなものを

食べていいのです。(p203)

とあり、日ごろから野菜もある程度食されていれば

そんなに高いハードルでもないように思えます。

私もさすがに食卓から肉が消えたら

「おいおい。ええ加減に・・・」

となるでしょう。

でも上の引用のように、そんなことはなく

今私が感じている牛乳の消化の悪さがその通りであれば

この70:30で

フルーツや野菜:その他

の組み合わせはやってみたいな、と思っています。

但し、妻の許しが必要ですが・・・(いっちゃんハードル高い!)

Sponsored Link

 

禁酒禁煙で見えてきた社会

飲酒、喫煙を30年以上続けてきた私。

その当時は、大人として普通だという気持ちがありました。

しかし、禁酒禁煙をはじめてからは

いかにこの社会(の一部か、ほぼ全部?)が

洗脳で満たされていて、騙されている方がバカを見る世界だ

ということが見えてきました。

滑稽なほどに・・・。

と同様に「食物」についても

著者アレン・カー氏を信じるべきかもしれない、と今は思っています。

 

考えているのは「身の守り方」

私のBMI  体重(kg)÷(身長(m))÷(身長(m))

は22.5くらいです。普通体重なので

「ダイエットなんか必要ないでしょう!」

ってお叱りの声も聞こえてきそうですが

私が今求めているのは

「自然らしさ」

かもしれません。

禁酒禁煙とダイエットの共通点

の記事を書いたのがきっかけで同書を読みました。

その結果、自然なものを普通に食べたい

と思うようになったように思います。

「ダイエット目的」ではなくて・・・。

世間を見れば

食品偽装や流通不正等、目に余るものがあります。

何も今にはじまった話ではなく

それこそ、酒・タバコに目を向ければ

国をあげて国民を欺き、煽った上で

税金を貪っているかのようにも見えます。

私は幸いにも酒・タバコからは抜け出すことができました。

そして、あなたにも抜け出していただけたら、と願っております。

その後のこととして、今から

「身の守り方」

を私は考えているのかもしれません。

野生動物が敵に反射神経を尖らせているように・・・。

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ