google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html さあ、「タネ明かし禁煙法」の実戦対策です


さあ、「タネ明かし禁煙法」の実戦対策です


Sponsored Link


単なる根性禁煙ではない

あなたは禁煙を決意されました。

しばらくは根性禁煙になるでしょう。

体の中の小悪魔(イライラ感)もそう簡単には引き下がりませんので・・・。

でもそれは、おそらく「習慣化の3週間」程度だと思います。

当然個人差はありますので、

早ければ数日で禁断症状が収まる方もいらっしゃいます。

そして、何よりの強みは

あなたのタバコの洗脳(トリック)は解かれているということです

手品のタネ明かしの後の「むなしさ」禁煙法」(参照)

単なる根性禁煙ではありません。

小悪魔の放つイライラ光線(!?)を

奴の消え去る寸前の悪あがきだと楽しめばいいんです

 

うれしい小悪魔退治のお時間

とは言うものの、あらかじめタバコに手を出さないように

「心の準備」をしておきましょう。

それには生活習慣からタバコを追い出すのが最も効果的だと思います。

ついこの前までの自分を思い出して

「いつもここで吸ってたなあ」

って場所とか

「このちょっと時間の空いたタイミングで一服していた」

とかあったと思います。

自然とタバコに手が伸びてしまう瞬間。

体が覚えているので、すぐには忘れられないはずです。

Fotolia_baikinn taiji

でもこれからは、そのタイミングが

「うれしい小悪魔退治のお時間」

に変わるわけです。

イライラすればするほど、奴は苦しんでいる証拠なので

思いっきりイジメてあげましょう。

 

 

心の中で慰めよう

また街中で見知らぬ人が喫煙しているのを

見かけることもあると思いますが

そのときは

「あ~気の毒な人や~。タバコなしでは生きて行けんのや~」

と寛大な心で慰めてあげてください。

けっして声には出さないように!

当然ですが(笑)

Sponsored Link

 

飲み会をもっと楽しむ

飲み会の場は特に注意が必要です。

禁煙中の方へ。「誘惑の一本」の実例

でも書きましたが

酒が入ると気が大きくなり

「ま、いいか!」

ってなる可能性があります。

周りの人が吸えばつい自分も欲しくなりますし。

そして1本吸ってしまえば、あっという間に

元のスモーカーに戻ってしまうんです。

あのトリックの連鎖反応ですね。

だから、といって

「飲み会にはできるだけ行かないようにする」

というのは短絡的で感心しません。

楽しさを自分から放棄するなんて。

それよりも

禁煙中だからこそ、飲み会を今までよりもっと楽しもう

と心がける方がいいでしょう。

吸わないことで食べ物は以前よりもずっとおいしく味わえます

 

勧められたら正直に「断る」

Nichtraucher

また

勧められた場合は「断る」ことです。

理由はあなたの正直な気持ちをそのまま言えばいいと思います。

注意点としては

勧めてきた人に禁煙を勧めないことです。

あなたを含め、みんなルールを守れば

自由なんですから。

ただ、心の中で

「タバコに縛られて、お気の毒様」

ってつぶやいてあげてください。

 

呪縛から解き放たれて

禁煙実戦初期は、やはりツライものです。

でもそれは、「心の準備」をしているだけで

相当楽になります。

そして、常に

「これまでは洗脳されて騙されていた。

これからは、タバコの呪縛から解き放たれていくんだ」

という気持ちを忘れずに生活してください。

さあ、この「タネ明かし禁煙法実戦対策」が

功を奏することを祈るばかりです。

 

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ