google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 家族の方へ! 禁酒実行直後は、こうして「欲しい」&「欲しくない」


家族の方へ! 禁酒実行直後は、こうして「欲しい」&「欲しくない」


Sponsored Link


禁酒決心は一大事

Young businessman holding a paper with a labyrinth on it in front of his head

禁酒を「決心する」というのは一大事です

これまで、自分がしでかしてしまったこと、

記憶にはないが、

あんなこともこんなこともやってしまった、

らしい。

将来も同じような自分ではいけない。

家族や周囲にこれ以上の迷惑はかけられない、って

言われなくても、わかってます。

やめるのが自分のため、家族のため、であることぐらい。

でもね。つらいんですよ。

この世になくてはならない「友」

そして、最も頼りになる「パートナー」

別れることなんて考えてもみなかったのに

いよいよ、その時がやってきた。

それほどに「酒」をやめるのは一大事なんです。

 

周囲の方、ご家族の方へのお願い

なので、周囲の方、特にご家族の方には

そこのところ、是非ともご理解していただいた上で

下記事項を切にお願いしたいと思います。

ご本人への接し方について、です。

あくまで私の経験上のことなので

対象者は「私(本人)」と「妻」といたします。

Sponsored Link

 

ぜひ、して欲しいこと

①褒めてくれる。

「がんばってるね」の一言。

男は単純な生き物です。

「木に登る」とまでは言いませんが・・・。

自分の今の努力をちゃんと妻は見てくれている、

そう感じただけで

「よっしゃ、やったるで~これからも」

ってなるんです。

②本人側にたってあげる。

今までの酔った上での言動のすべては

酒のせい、悪いのは酒であってあなたは何も悪くない。

と、本人の正当性を認めてあげる。

③笑顔を忘れない

飲酒当時は揉め事が多かったはず。

禁酒はその解消のため、でもあるんですから

以前の不機嫌な顔なんて見たくもない。

笑顔を絶やさないで見守ってほしい。

④話を聞く

数週間は機嫌が悪いかもしれません。

辛抱している分、グチも言いたいんです。

聞いてあげてください。

ガス抜きできれば、精神的にもだいぶ楽になります。

 

できれば、して欲しくないこと

①「いつまで続くことやら・・・」の一言

これは、また喧嘩になります。

ぜひとも避けてください。

②過去の話を蒸し返す

記憶のない昔話を言われるのは非常につらいもの。

それもほとんど本人が悪い。

感情的になって禁酒に悪影響がでるかも。

これも、ぜひとも避けてください。

③「もう、飲んだら?」の一言

本人は相当イラついて

貧乏ゆすりが止まらないかもしれません。

そんなとき、妻が辛抱たまらずに

「そんなに飲みたいんやったら、飲んだらどう?」

って、言ってしまえば、本人にとっては「渡りに船」で

自分からではなく、妻が言ったからという口実ができ

禁酒をやめる可能性が大きくなります。

なので、これも、ぜひとも避けてください。

④禁酒中ならではの言いつけ

「飲まないんやから、○×できるでしょ」

のノリで言われると

「そんなことの為に禁酒してるんと違う!」

ってなります。同じ内容でも

「飲まないんやから」は避けていただく方が無難です。

 

「酒の罠」から抜け出す「必死」

とまあ、私の禁酒を始めたときの感想文か嘆願書みたいになってしまいましたが

多くの方々には様々な状況、事情等が背景あると思います。

「そんなに、あんたの言う通りにはいかんよ」

とのご意見もあるのは当然です。

Fotolia_utu kanasimu

でもひとつ、覚えていていただきたいのは

本人は必死になって酒の罠から抜け出そうとしている

ということです。

それほどナーバスになってるんです。

ご家族や周囲の方にとっても、

これまでと生活のリズムが違って大変かもしれません。

でも期間でいえば2~3週間だと思います。

それくらい経てば、本人も相当落ち着いているはずです。

どうか、できる範囲での、ご協力を惜しまないでいただけませんでしょうか。

 

禁酒成功を目指す方々を代表して

「よろしくお願いします」

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ