google-site-verification: google8e5924af78b7cebf.html 禁酒したら「甘いもの」が欲しくなる!?


禁酒したら「甘いもの」が欲しくなる!?


Sponsored Link


「甘いものなんて、見ただけでゾッとする!」

って、それが以前の私の普通の感覚でした。

ところが禁酒をはじめて数ヵ月後、

手のひらを返したように甘いもの(特にあんこ系)が大好きになってきたんです。

何なんでしょう?この違いは・・・。

諸説あるようですが、いくつか記してみました。

 

禁酒前は、甘いもの、いらん

私は酒をやめてから、甘いものが食べられるようになりました。

と言うと、まるで

「子供が大人になって「わさび」が大丈夫になった」

かのような印象を受けられるかもしれません。

でも、その通りでして、禁酒前は

「甘いものなんて、見ただけでダメ」

だったんです。

食後のスイーツなど「甘党さんが言う、別腹」ってのも考えられないことでした。

ケーキ、チョコレート、まんじゅう、ぜんざい等々

「よくあんなもの・・・想像しただけで・・・ウ~っ、いらん」

の感覚ですね。

昔、幼稚園か小学生低学年のころ、

「チョコレート牛乳」(ココアかな?)なるものがあったんですが

そのころは喜んで飲んでいたものです。

遠い記憶をたどってみても甘いものを好んでいたのは当時だけだったように思います。

 

禁酒後、「昨日の敵は、今日の友」

ところが、禁酒をはじめて数ヶ月も経つと

体が甘いものを求めてきました。

 

きっかけは不眠対策で飲みだした「牛乳」からです。

飲酒時の寝る前の「焼酎お湯割り2,3杯」を牛乳に替えたんです。

焼酎と同じように牛乳も3杯くらいは飲みました。

(2度ほどお腹をこわしましたが・・・)

そのとき、昔、小学校でよく食べた

「あんぱんと牛乳」(これがよく合う!)

を思い出し、あんぱんが大好きになってしまったんです。

その結果、他にあんこの入っているものがあれば

何でも食べるようになり、あげくは

ぜんざい、まんじゅうは当然、チョレート、ケーキ等々。

まさに

「昨日の敵は今日の友」

 

 

 

最近の朝食は、ほぼ毎日「小倉トースト」です。

 

それと、仕事で外回りから帰ってくると

「甘いものがほしい」

ってなります。

いや、会社に戻る手前くらいから

「帰れば甘いものが食べられる。もう一息や」

と自分を励ましたりします。

何なんでしょう、以前とのこの違い・・・。

 

禁酒後の「甘いもの好き」になる理由?

なぜ禁酒したら甘いものが欲しくなるのか?

調べてみました。

いくつか説があります。

Sponsored Link

 

ビール(糖質が高い)の飲み過ぎ

糖質量は

350ml当たりビールで10.9g、発泡酒で12.7g、また日本酒では1合で8.1g

蒸留酒である焼酎やウイスキーは0.0g

ちなみに

精米白ごはん150g(茶碗1杯) 55.2g

コカ・コーラ 500ml     56.5g

バナナ 100g(1本)     21.4g

食品(食材)の当質量一覧表 参照)

と、まあビール、発泡酒の糖質が高いのが要因。

私なんか毎日、発泡酒500mlを6本飲んでましたから

約109gの糖質を日々、摂っていたことになります。

コーラに置き換えたら約1リットル、

バナナなら5本分です。・・・・・(笑)。

 

禁酒をはじめたことで、それまで摂取していた分を

取り戻そうと自然に甘いものがほしくなる、とのこと。

 

アルコールの飲み過ぎによる味覚異常

酒の飲みすぎが味覚異常をきたし甘いものを「おいしい」と感じなかった。

禁酒後、味覚が正常になりそのようなことがなくなった。

 

依存症ほど飲むとインシュリンが低下

飲みすぎるとインシュリンの分泌が低下し、血糖値が上がってしまう。

高血糖が続くと甘いものが欲しくない状態になる。

酒をやめれば、その逆で、低血糖となり甘いものが欲しくなる。

 

甘党って言葉は日本だけ?

大雑把に言って、酒好きなら「辛党」そして、飲まないなら「甘党」。

このイメージは日本だけだって言われる方もおられます。

中国では紹興酒に砂糖を入れる風習がある、とか

フランスではワインを飲んだ後に甘いデザートが出てくる等々。

 

確かにある、甘いもの好きになる傾向

私の実感ですが、

はじめて酒と出会ったときの「酔い」のインパクトほど

甘いものにそれは感じません。

酒は「なくてはならない存在」でしたが

甘いものはそこまでではありませんし・・・。

(アルコールの中毒性も関係してるんでしょうけど)

 

確かに体は健康状態を保とうとして

「適正な糖質量」になるよう自然に調節するんでしょう。

でもそれは私の意識とは無関係です。

 

よって、私の実感としては、

その「因果関係」はよくわからないけれども

酒をやめることで甘いものが好きになる傾向は確かにある、

くらいしか言えません。

「よくわからないが、禁酒すると甘いものが食べたくなる人が多い」

ということであり、私もその一人です。

 

なので、禁酒をお考えのあなた。

禁酒達成のあかつきには

甘~い出会いが待っている

のは間違いなさそうですよ!

 

 


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ